武蔵野病院 携帯サイト

QRコードの読み取り機能が ある携帯電話をお持ちの方は、 上記のコードを読み取ると、 携帯用のサイトが閲覧できます。

埼玉県 神経科・精神科 武蔵野病院/入院について

  • 医師の診察により外来診療では治療が困難であると考えられた場合に、入院治療を お勧めする場合がございます。当院では新入院の場合、原則として3ヶ月以内の 短期入院治療を目指しております。
  • 入院の形態は、通常ご自身の意志で入院される任意入院、または精神保健指定医の診察により 入院治療の必要性がある場合にご家族である保護者様の同意を得て入院する医療保護入院が ありますが、どちらの場合も精神保健福祉法に基づいて、患者様の人権をきちんと守っており ますのでご安心ください。
    ただし他の入院患者さんの迷惑にならないように、病棟内の最低限の決まりはございますので 予めご確認ください。

手続きに必要な物

保証金 100,000円(生活保護の方は不要)
お小遣い 20,000円
保険証 健康保険証又は受給証
印鑑 ご本人様又は保護者様の物
保証金は退院の際に返金いたしますので、保証金の領収書は大切に保管し、退院の際に受付にご提出してください。

※保証金は退院の際に返金いたしますので、保証金の領収書は大切に保管し、
退院の際に受付にご提出してください。

入院に必要な携帯品

衣類 私服・寝巻き・下着類
日用品 タオル・洗面用具一式
コップ(プラスチック製)
その他 スリッパ・ちり紙等
※貴重品・危険物(火気類・刃物類・ガラス類等)は持ち込まないでください。※携帯品にはお名前(フルネーム)を記入してください。

※貴重品・危険物(火気類・刃物類・ガラス類等)は持ち込まないでください。
※携帯品にはお名前(フルネーム)を記入してください。

入院費のお会計について

  • 入院費のお会計は毎月月末に締切ります。翌月10日以降に受付窓口でお支払いください。
  • 退院の際は原則として、当日にお支払いください。
  • 入院費のお支払いは、郵送や銀行振込ではできません。

入院中の生活について

  • 精神病棟は閉鎖処遇の病棟ですが、任意入院の方または医療保護入院の方であっても
    主治医に許可された方は、看護職員に言っていただければ中庭に出られます。
  • 精神療養病棟は男女混合の開放処遇の病棟です。もちろん病室は男女を分けておりますので ご安心してください。
  • 当院の作業療法は、平日の午前と午後を中心に実施しております。
    患者様のご希望により毎日参加することも可能です。
  • 食事は、朝食7時30分・昼食12時00分・夕食18時00分に配膳しております。

入院についてページの先頭に移動